まずは相談と言う一歩からはじめませんか?

任意売却のアイ・ティー・ケーパートナーズ

全国対応

電話受付時間
AM 9:00~PM 10:00

フリーダイヤル0120-66-4535 電話番号075-708-3500
自動車ローンの滞納及び支払いでお困りの方

自動車ローンを滞納するとどうなるの?

自動車ローンを滞納すると車が引き上げられる可能性があります。

自動車ローンを滞納した場合、最悪のケースとして信販会社によって車が引き上げられてしまいます。(引落日に口座残高がない状態が3カ月以上)
車のローンは全額を支払い終えるまで、車の所有権はあなた自身にあるわけではありません。このため支払いが滞った場合は、信販会社やディーラーに没収されてしまいます。
もし車の引渡しの同意書へのサインを拒んだ場合は裁判になり、最終的には強制執行によって没収されます。

自動車ローンを滞納すると

自動車ローン滞納から車引き上げまでの流れ

自動車ローンを滞納してから実際に車を引き揚げられるまでを、まずは順を追ってご説明します。また、どうすれば解決できるのかについても後述に記載します。

自動車ローン滞納から車引き上げまでの流れ

1. 督促状の送付・電話での督促
滞納1か月~2か月ほどで、督促状が自宅に届くようになります。
この督促状の内容は、「滞納があるので早めにお支払い下さい」といった事のほか、滞納による遅延損害金などについても説明が記載されることが多いようです。
また、督促状とは別に、支払いを促す電話も行われます。
2. 信用情報への記録及び、延滞金の発生
自動車ローンを決められた返済日までに支払えないと滞納してもすぐに支払いを済ませればよいですが、2ヶ月間も滞納を放置していると、個人信用情報機関にその事実が記録として残ります。
間違いなくブラックリストになるでしょう。また、翌日から延滞金(遅延損害金)が発生します。
3.車の引き上げ予告
それでも返済が行われない場合は、「車が引き上げになりますよ」という予告が通知されます。
これは、ローンで買った自動車を、銀行(またはディーラー)に抑えられるという事になります。
4.車の引き上げの日程の通達及び実行
それでも滞納が解消されないと、「○月○日に車を引き上げます」と、引き上げ日が決定通知されます。
引き上げ日までに支払いがない場合、引き上げ日に、車が引き上げられてしまいます。
(引き上げられる=二度と車が戻ってこない、という事ではありません。引き上げられた後、すぐに滞納分を入金すれば、車が戻って来る場合もあります。)
5.引き上げられた車の売却
引き上げ後も、ローンの滞納が解消されない場合、車が売却されてしまいます。
売却によって得られた金額が返済に充てられますが、ほとんどの場合、それでも借金が残ってしまいます。
残った分ももちろん、返済していく必要があります。
 

車の引き上げを回避するには?

自動車ローンの滞納により、裁判や差押えといった最悪の事態に至る恐れがあることはご説明したとおりです。
そこまで至らなくても、「せっかく買った車が引き上げられてしまい、ただ単に借金だけを返していく」という結果にもなりかねません。そうした事態を回避するためにも、なるべく早めに借金問題に強い弁護士や司法書士に相談することが必要です。
「どうやって士業の人を探せばいいかわからない」「初めてだし自分で探すには不安がいっぱい・・・」という方に、私たちがワンストップで解決へとサポート致します。

『手遅れ』になる前に私たちへご相談下さい!

自動車ローンの支払いが今後滞る可能性がある方、
既に滞納されている方。
ひとりで悩まず、まずは一度私たち、ITKケーパートナーズにご相談下さい!
あなたに最適な解決策を迅速にご提案いたします。

メールまたはLINEからお気軽にご相談頂けます。
メールでの無料ご相談
LINE@無料ご相談
私たちは、「アイティーリサーチグループ」は、自動車ローントラブル解決のほか、お車をリーズナブルにご購入できる「オークション代行」やご売却のサービスも展開しております。
併せて是非ご利用ください。
オートプロデュースジャパン